エバートン戦術観察日記

プレミアリーグに所属するエバートンを戦術的に分析するブログです!

20/21 PL 第6節 サウサンプトンvsエバートン

アウェイでサウサンプトンとの一戦。
サウサンプトンは開幕から連敗しているが、3節からは2勝1分で5節のチェルシー戦では
2点ビハインドから追いつき勝ち点を獲得しており、調子を上げてきています。
さらに調子の良さを象徴するかのようにDF陣がプレミアイチ楽しそうですね!

f:id:maedanoma:20201101173052p:plain

フォーメーション

f:id:maedanoma:20201101173224p:plain

エバートンは怪我のコールマンに変わってゴドフリーが初スタメン。またゴメスの位置にシグルズソンが入っていました。
サウサンプトンは多分調子が良かったジェネポが怪我で離脱で左サイドはレドモンドでした。ウォルコットはローンルールでベンチ外。

試合内容

エバートンはいつも通り、ボール保持時は433, ボール非保持時は4141のような形です。
ただ、ボール非保持時はどういう狙いがあったか分かりませんが、ハメスはヴェスターゴーアに果敢にプレスに行っており、結果としてはこれが裏目に出てハメスの裏のスペースをビルドアップの出口に使われていました。ただこれはサウサンプトンが最初から狙っていた形だと思います。
パターンとしては、バックパスで引き付け、
・CBから降りてきたレドモンド経由でバートランド
・GKへ戻しバートランド
の2パターンだったかなと思います。

f:id:maedanoma:20201101221634p:plain

f:id:maedanoma:20201101221707p:plain

そこからドゥクレが寄せることでアランとドゥクレの間にスペースができていました。
サウサンプトンの2SHはサイドに拘らずライン間を自由に動いていた印象で、中央で最終ラインとふ442と数的同数を作られた際は、エバートンのCBが飛び出せずにそこから崩されていました。2点目の失点シーンはまさにその形だったと思います。(4:50~)

そんな中、ゴドフリーはバードランド&レドモンドと1vs2になるシーンが多く、加入早々本職ではないポジションで過労働を強いられながらよくやっていると思います。

一方エバートンの攻撃はサウサンプトンの442のソリッドなディフェンスに苦戦しました。442と書きましたが実際は4222のような形でSHのレドモンド、アームストロングはCHへの縦パスを警戒する形で中央よりに位置取っていました。FWのイングスとアダムスはアランを消しつつ、CBに寄せており、エバートンのCB陣はSB経由で組み立てようとしていました。

f:id:maedanoma:20201101221319p:plain

そこがサウサンプトンの狙いでSBゴドフリーからの縦パスを合図にSBバートランドがプレス、SHレドモンドがプレスバック、アンカーへのパスコースはCH JWPが消し、ボールを奪いに行っていました。このようなサウサンプトンの狙いすましたシステマチックなプレッシングに苦労していました。ただこのシーンではドゥクレがなんとかハメスへパスを通したのですが、個の能力で剥がす場面も見られ、少なかったですがチャンスは作れていました。

後半はイウォビに代えてベルナルジを投入しました。それによってシグルズソンがSBの位置におりてくるなど流動的な位置取りをすることでサイドを攻略しようとしますが、いい形でクロスは上がらず、ドゥクレ、シグルズソンを代えてデルフ、ゴードンを投入します。予想に反して、アランが一列上がりアンカーにデルフが入りますが、アランには全く収まらず、アランとデルフの2CH,トップ下ハメスの5231になりますが、ディニュがレッドカードをもらい実質試合は終了しました。

この試合で気なったポイントです。

ポイント:ディフェンスの課題

今までディフェンス時、ハメスは基本SBだけ見るようなディフェンスをしていた印象だったのですが、この試合ではCBにガンガン行っており、ハメスの役割が曖昧に感じました。一応ハメスはバートランドをカバーしながらヴェスターゴーアに寄せていましたが、通された時のケアがされてなさすぎていて、ハメスの判断でプレスに行っているように見えました。基本ドゥクレがバートランドに寄せるのですが、中央のスペースを消すなら中盤全体がスライドすべきですが、シグルズソンは低い位置にいるロメウにプレスに行ったりしており、アランが中盤中央の広大なスペースをカバーしないといけなくなっており、サウサンプトンのアタッカーにいいように使われてしまっている印象を受けました。
第5節までは大車輪の活躍で守備での貢献度の低さは目をつぶれいていたのですが、今節のように狙われた結果負けてしまうとその部分が色こく残ってしまったと思います。ただハメスを使っている以上は守備面でのマイナスは受け入れ、最小限に抑える必要はあります。もちろんアンチェロッティが用意したRWGハメスは長所を生かし、守備の負担を減らして、第1節からうまくいっていましたが、最適解とは限らないと思います。上位進出のためには、今回の試合で後半4231のトップ下ハメスを使ったように、シーズンが進む中で色々試して最適解を探し続けることが大事だと思っています。

最後に

COME ON YOU BLUES!